野球

【U―18W杯】鬼・清宮がナインに猛ゲキ メキシコに大勝発進秘話

2017年09月02日更新
【U―18W杯】鬼・清宮がナインに猛ゲキ メキシコに大勝発進秘話
勝利を収めスタッフとグータッチをする清宮 【カナダ・サンダーベイ1日(日本時間2日)発】「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」高校日本代表はポートアーサー・スタジアムで行われた初戦のメキシコ戦に10―1で快勝した。早実・清宮幸太郎内野手(3年)は「4番・一塁」で先発出場し、3打数1安打1打点で勝利に貢献。悲願の世界一に向けて幸先良く白星発進した裏には主将・清宮による“鬼の説教ミーティング”があった。 主将として「GO! GO! GO!」とナインを鼓舞し続けた清宮は先制、中押し、ダメ押しという理想的な展開での快勝発進に「初戦だったのでどういう展開になるのかと思ったけど...

キーワード

  • 清宮
  • ミーティング
  • メキシコ
  • バット
  • ナイン
  • 日大三
  • 報徳学園
  • 藤原
  • 小園
  • ダメ
  • グラム
  • ポートアーサー・スタジアム
  • ベースボールワールドカップ
  • 大阪桐蔭