サッカー

豪州戦に臨む日本代表メンバーが変更に…三浦と小林がベンチ入り、髙萩と杉本が外れる

2017年08月31日更新
豪州戦に臨む日本代表メンバーが変更に…三浦と小林がベンチ入り、髙萩と杉本が外れる
2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア最終予選、オーストラリア代表戦に臨む日本代表メンバー23名と背番号が、アジアサッカー連盟(AFC)公式サイトで発表された。 30日発表の段階では植田直通(鹿島アントラーズ)、三浦弦太(ガンバ大阪)、小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)、武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)の4名がメンバーから外れていたが、三浦と小林がメンバー入り。代わって髙萩洋次郎(FC東京)と杉本健勇(セレッソ大阪)が外れている。 日本対オーストラリアの一戦は31日、埼玉スタジアム2002にて19時35分キックオフとなっている。 ■GK 1 川島永嗣(メス/フランス)...

キーワード

  • ドイツ
  • メンバー
  • アジアサッカー連盟
  • 埼玉スタジアム2002
  • ヘーレンフェーン
  • ヘルタ・ベルリン
  • 昌子源
  • 植田直通
  • 中村航輔
  • 武藤嘉紀
  • 三浦弦太
  • 小林祐希
  • 浅野拓磨
  • 東口順昭
  • 岡崎慎司