野球

明桜散る 登板回避2年生エース山口、土持ち帰らず

2017年08月14日更新
明桜散る 登板回避2年生エース山口、土持ち帰らず
大敗に泣きじゃくりながら引き揚げる明桜ナインの中でも、山口(左から4人目)は笑顔でナインを激励していた(撮影・梅根麻紀) <全国高校野球選手権:二松学舎大付14-2明桜>◇13日◇2回戦 8年ぶり9度目出場の明桜(秋田)が二松学舎大付(東東京)に19安打を浴び、2-14で初戦敗退した。秋田大会決勝で右肩を亜脱臼した最速146キロ右腕山口航輝(2年)が登板を回避。代役の背番号1右腕、佐藤光一(3年)が先発したが、6回途中までに12安打を浴びて8失点KO。守備でも6失策と乱れ、同校27年ぶりの夏1勝は遠かった。山口を筆頭にベンチ入りした6人を中心に、秋に向けて再始動する...

キーワード

  • 山口
  • マウンド
  • 全国高校野球選手権
  • 二松学舎大付
  • バックホーム
  • ベンチ
  • ナイン
  • エース
  • ブルペン