ゴルフ

ウッズが飲酒運転の無実を主張、軽罪の危険運転を認め社会奉仕活動へ

2017年08月10日更新
ウッズが飲酒運転の無実を主張、軽罪の危険運転を認め社会奉仕活動へ
男子ゴルフ欧州ツアー、ドバイ・デザート・クラシック初日に臨むタイガー・ウッズ(2017年2月2日撮影、資料写真)。(c)AFP/NEZAR BALOUT 写真ギャラリーをみる 【8月10日 AFP】男子ゴルフ元世界ランク1位のタイガー・ウッズ(Tiger Woods)が9日、飲酒または薬物を使用した状態で車を運転した疑いに対して無実を主張した一方で、より軽微な罪を受け入れて保護観察処分を受けることに同意した。 5月の逮捕による裁判は、米フロリダ(Florida)州パームビーチガーデンズ(Palm Beach Gardens)の裁判所で行われたが、41歳のウッズ...

キーワード

  • ウッズ
  • ツアー
  • ゴルフ
  • プログラム
  • タイガー・ウッズ
  • ブリヂストン・インビテーショナル
  • PGA
  • BRIDGESTONE
  • ドバイ・デザート・クラシック
  • ブリヂストン
  • 全米オープン
  • メルセデス・ベンツ
  • 最多勝