ゴルフ

ボールと体の関係性 常に同じにする 正しい向きより大切な感覚 打たない練習で養える

2017年07月27日更新
ボールと体の関係性 常に同じにする 正しい向きより大切な感覚 打たない練習で養える
田村尚之プロは、実は「最強アマ」と呼ばれていたころから、練習時間の少なさで、有名だった。「寒い冬の時期は練習場にいかない」とも公言していた。プロになった今も、練習時間は他のプロに比べると、やっぱり少ない。その理由は「練習はしてます。ただし、ボールを打つだけがゴルフの練習ではないですよ」。そのココロは−。 正しく打てる構え 私はアマチュア時代から、あまり練習場に行かないゴルファーでした。サラリーマンとして、ちゃんと働いていましたので、物理的に時間がなかったのが理由の1つ。そしてもう1つは、練習場でボールを打つだけがゴルフの練習ではないと思っていたからです。 ...

キーワード

  • ボール
  • ゴルフ
  • ナイスショット
  • アマチュアゴルファー
  • シャフト
  • スタンス
  • ゴルファー
  • 富士フイルム
  • コンパス
  • スライス
  • ミス
  • クラブ
  • プロ
  • 富士フイルムシニアチャンピオンシップ
  • フック