テニス

BIG4が1年ぶりトップ4に

2017年07月17日更新
BIG4が1年ぶりトップ4に
男子テニスの7月17日付ATP世界ランキングが発表され、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で史上最多8度目の優勝を飾ったR・フェデラー(スイス)が前回から1,280ポイント加算されて2つ上げ、3位へ浮上。BIG4が世界ランキングのトップ4位を占めるのは、2016年7月25日以来 約1年ぶりとなる。>>ウィンブルドン対戦表<<ウィンブルドン決勝でM・チリッチ(クロアチア)を相手に圧倒的な力を見せ、5年ぶりにタイトルを獲得したフェデラーは前回から1,280ポイントが加算され、約11カ月ぶりとなるトップ3返り咲きを果たした。準々決勝でS・クエリー(アメリカ)に敗れ、3年...

キーワード

  • ポイント
  • フェデラー
  • ランキング
  • トップ
  • ジョコビッチ
  • ウィンブルドン
  • 錦織圭
  • ナダル
  • マレー