野球

ロッテの“監督手形”は失効か…井口資仁の気になる引退後

2017年06月21日更新
ロッテの“監督手形”は失効か…井口資仁の気になる引退後
「昨年から決めていました。残り試合は自分の出せるものをすべて、出し切りたい」 20日、ロッテの井口資仁(42)が現役引退を表明。球団事務所で会見を行い、「現役生活21年間? まだそれを振り返るのは早い。これ(引退会見)が起爆剤になってくれたら」と、チームの最下位脱出にいちるの望みをかけた。 青学から1996年のドラフト1位でダイエー(現ソフトバンク)入り。2005年にメジャー挑戦し、移籍1年目ながらホワイトソックスのワールドシリーズ制覇に貢献した。09年、日本球界に復帰し、以降はロッテでプレーしている。20日時点で日米通算2243安打、294本塁打、1215打点。押しも押されも...

キーワード

  • ロッテ
  • 井口
  • ソフトバンク
  • 工藤
  • 井口資仁
  • メジャー
  • ホワイトソックス
  • 城島
  • 小久保
  • チーム