野球

瀬戸山隆三氏「王イズムの貴重な継承者」/井口引退

2017年06月20日更新
瀬戸山隆三氏「王イズムの貴重な継承者」/井口引退
09年1月、ロッテのユニホームに袖を通し、瀬戸山球団代表(左)と握手 球界最年長であるロッテ井口資仁内野手(42)が20日、ZOZOマリンで会見を開き、今季限りでの現役引退を表明した。 ダイエー、ロッテのフロントとして井口獲得に携わった瀬戸山隆三氏(63=前オリックス球団本部長)は「王イズムの貴重な継承者だった」と今季限りの引退を惜しんだ。ダイエー球団代表だった96年ドラフトでは巨人、中日などとの争奪戦の末に青学大・井口の逆指名にこぎ着けた。当時のダイエーは王監督就任も2年連続Bクラス。王イズムの浸透に井口が必要な存在だったと考えた。 「王さんは常勝だった巨...

キーワード

  • 井口
  • ダイエー
  • ロッテ
  • 瀬戸山
  • イズム
  • 瀬戸山隆三
  • 井口資仁
  • 青学大
  • 王監督