サッカー

コンフェデ杯が開幕…連続出場逃した日本代表、4年前のメンバーは?

2017年06月17日更新
コンフェデ杯が開幕…連続出場逃した日本代表、4年前のメンバーは?
FIFAコンフェデレーションズカップ2017が17日に開幕した。今大会は出場権を獲得できず、連続出場を逃した日本代表。4年前にブラジルで行われた前回大会はグループステージ敗退に終わっていた。 日本はアルベルト・ザッケローニ監督の下、李忠成(現浦和レッズ)の芸術的なダイレクトボレーでオーストラリアを破り、アジアカップ2011を制覇。2013年のコンフェデ杯出場権を獲得した。同大会の招集メンバーは同年6月5日に発表され、以下の23名が名を連ねた。(所属クラブは当時のもの) ▼GK 川島永嗣(スタンダール・リエージュ/ベルギー) 西川周作(サンフレッチェ広島) 権田修一(FC東京) ▼...

キーワード

  • ドイツ
  • メンバー
  • イングランド
  • イタリア
  • シュトゥットガルト
  • アルベルト・ザッケローニ
  • FIFAコンフェデレーションズカップ
  • セバスティアン・ジョヴィンコ
  • ハビエル・エルナンデス
  • レヴァークーゼン
  • ヘルタ・ベルリン
  • CSKAモスクワ
  • フィテッセ
  • 清武弘嗣
  • 西川周作