サッカー

前・鹿島監督の石井氏、柴崎は「2歩、3歩先を読んだプレーができる。ピッチを俯瞰して見ることのできる選手」

2017年06月17日更新
前・鹿島監督の石井氏、柴崎は「2歩、3歩先を読んだプレーができる。ピッチを俯瞰して見ることのできる選手」
ジネディーヌ・ジダン監督率いるレアル・マドリードが5シーズンぶり33回目の優勝を飾った今季のリーガ・エスパニョーラ。1部の戦いは幕を閉じたが、2部は現在、最終局面を迎えている。柴崎岳が所属するテネリフェは、2部4位で昇格プレーオフ準決勝に進出。2部5位カディスと現地15日(木)に1stLegを戦い、アウェイで0-1と敗れた。8試合連続先発出場を果たした柴崎選手も存在感を発揮できず。テネリフェにとって現地18日(日)の2ndLegが、シーズン全てをかけた一戦となる。この大一番を前に、2017年5月まで鹿島アントラーズ監督を務め、FIFAクラブワールドカップ2016決勝でレアル・マドリ...

キーワード

  • プレー
  • チーム
  • 柴崎
  • プレーオフ
  • テネリフェ
  • サッカー
  • リーガ・エスパニョーラ
  • リーグ
  • クラブ
  • ライブ
  • レアル・マドリード
  • ポジション
  • スタイル
  • カディス
  • レアル