テニス

ダニエル太郎は初戦敗退「自分のやるべきテニスを見つけられなかった」[バルセロナ・オープン・バンコサバデル]

2017年04月26日更新
ダニエル太郎は初戦敗退「自分のやるべきテニスを見つけられなかった」[バルセロナ・オープン・バンコサバデル]
スペイン・バルセロナで開催されている「バルセロナ・オープン・バンコサバデル」(ATP500/4月24〜30日/賞金総額232万4905ユーロ/クレーコート)のシングルス1回戦で、ダニエル太郎(エイブル)がニコラス・バシラシビリ(グルジア)に3-6 1-6で敗れた。ダニエルは予選2試合を勝ち抜いて本戦入りを果たしていたが、この日は一度も試合の主導権を握ることができず。「自分のやるべきテニスを見つけられなかった」という試合後の言葉が映すように、やや道に迷った様子のまま、後半には集中力も切れて引き離された。 ◇ ◇ ◇ 最初にブレークを果たしたのは、ダニエルのほうだった。とはいえ「そのとき...

キーワード

  • ダニエル
  • ミス
  • ゲーム
  • バルセロナ・オープン・バンコサバデル
  • ブレーク
  • ブレークポイント
  • セット
  • テニス
  • 太郎
  • メリハリ
  • サービス
  • エイブル
  • クレーコート
  • プレー
  • キープ