野球

元巨人・中谷コーチ就任の智弁和歌山、初戦でバッテリーが躍動

2017年04月17日更新
元巨人・中谷コーチ就任の智弁和歌山、初戦でバッテリーが躍動
試合前、ユニホーム姿で先取に声をかける智弁和歌山・中谷コーチ(右) 春夏3度の甲子園優勝を誇る智弁和歌山が16日、和歌山県の春季大会2回戦で和歌山南陵を8―1で下した。同校は今月、OBで元巨人捕手の中谷仁氏(37)がコーチに就任。日本一に輝いた1997年夏の甲子園で主将を務めた中谷コーチの指導で成長したバッテリーが、初戦突破に貢献。3季連続で聖地から遠ざかる名門校が復権をかけて順調なスタートを切った。 強打が代名詞の智弁和歌山が、バッテリーの奮闘で新体制での初陣を飾った。先発マウンドに上がった2年生右腕・平田龍輝(りゅうき)は、直球を内外角に投げ分...

キーワード

  • バッテリー
  • 中谷コーチ
  • 日本学生野球協会
  • 滋賀学園
  • 高嶋仁
  • 復権
  • コーチ
  • 中谷
  • 日本野球機構
  • 智弁和歌山
  • 平田
  • プロ
  • 夏の甲子園