サッカー

【コラム】プレミア、そして代表。二つの舞台で主将を務めた吉田麻也、“重み”の追求は続く

2017年03月30日更新
【コラム】プレミア、そして代表。二つの舞台で主将を務めた吉田麻也、“重み”の追求は続く
プレミアリーグと日本代表。二つの舞台で、二つのキャプテンマークを巻いた。 吉田麻也は今季、プレミアで日本人初となる主将を務めた。所属するサウサンプトンでも古参組になり、「いつか来るだろうという瞬間だった」と本人は何事もなく語ったが、周囲の反響は大きかった。何よりチームメートからの祝福がうれしかった。「プレミアでキャプテンは名誉なことだよ」、「日本人では誰もやっていないだろ」。かけられる言葉を聞き、しみじみその責務の価値を噛み締めた。 毎シーズン、ライバルとなるのは欧州強豪国のDFたち。試合に出られない日々もグッと耐え、常に準備を怠たらなかった。感情の起伏とも付き合い慣れた。とに...

キーワード

  • 吉田
  • センターバック
  • 楢崎
  • キャプテン
  • 闘莉王
  • プレー
  • プレミア
  • イブラヒモヴィッチ
  • 麻也
  • サウサンプトン
  • キャプテンマーク
  • 吉田麻也
  • ハセ
  • チーム
  • 二つ