野球

【センバツ】清宮「0本塁打、0打点」スカウトの本音評

2017年03月29日更新
【センバツ】清宮「0本塁打、0打点」スカウトの本音評
2回戦で敗れ、グラウンドに一礼する清宮(手前) 第89回選抜高校野球大会第8日の27日、第2試合で高校通算79本塁打の“怪物スラッガー”清宮幸太郎内野手(3年)を擁する早実(東京)が8―11で東海大福岡(福岡)に敗れ、2回戦で姿を消した。清宮は2試合通算で9打数3安打、0本塁打、0打点に終わったが、ネット裏のスカウト陣はこの内容をどう見たか、さらに気になる怪物の進路に関しては…。 1年の夏以来の甲子園で一発を放つことはできなかった清宮だが、スカウト陣の評価はやはり高かった。中日・中田スカウト部長は「清宮は別格だよ。間違いなく何年かに1人しか出ない選手。ホームランを狙ってちょっと打ち損...

キーワード

  • スカウト
  • 清宮
  • プロ
  • バッティング
  • 東海大福岡
  • 選抜高校野球大会
  • スイングスピード
  • ベーブ・ルース
  • グラウンド
  • ブレーブス
  • スラッガー
  • 中川アマチュアスカウトグループ
  • センバツ