サッカー

【名古屋グランパスU-18×MONARCIDA 2】「いるべき場所へ」新たな“装備”で再起の一年が始まる

2017年03月24日更新
【名古屋グランパスU-18×MONARCIDA 2】「いるべき場所へ」新たな“装備”で再起の一年が始まる
再起の一年がスタートした。名古屋グランパスU-18はかつて日本代表DF吉田麻也(現サウサンプトン)、近年ではMF磯村亮太やMF矢田旭(ともに現名古屋)を輩出している育成組織で、昨シーズンまでプレーしたMF梶山幹太とMF深堀隼平もトップチームへ昇格。現在は年代別日本代表の常連であるDF青山夕祐や10番MF杉浦文哉、昨シーズンのトップスコアラーのMF杉田将宏ら実力者たちが先輩たちの後に続くことを目指してトレーニングに励んでいる。 今年、チームとしての目標はプレミアリーグ復帰だ。昨年は高校年代最高峰のリーグ戦である高円宮杯プレミアリーグWESTで9位に終わり、同リーグ発足以来初となるプ...

キーワード

  • スパイク
  • フィット
  • グリップ
  • グランパス
  • サポート
  • ズレ
  • ポイント
  • ミズノ
  • プレー
  • カンガルーレザー
  • トラクション
  • ボールタッチ
  • ドリブル
  • プレミアリーグ
  • チーム