サッカー

【静岡学園×MONARCIDA 2】新たな武器とともに進化する“静学スタイル”

2017年03月10日更新
【静岡学園×MONARCIDA 2】新たな武器とともに進化する“静学スタイル”
新たな武器とともに、静学スタイルを貫く。静岡の名門、静岡学園は初出場した76年度の全国高校サッカー選手権でドリブルとショートパスによる革命的なスタイルの攻撃サッカーによって準優勝し、95年度の同大会では全国制覇。近年も日本代表MF大島僚太(川崎F)ら突き抜けた技術を持つテクニシャンたちを輩出している「元祖・技巧派軍団」だ。 そのスタイルは現在も超攻撃的。今冬の選手権では守備力の高いチームの台頭が目立ったが、静学は今年、その流れを止めて、個々の優れたテクニックとアイディア溢れるスタイルのサッカーで全国上位へ勝ち上がる。 2月上旬、そのテクニシャンたちをサポートする“武器”が届いた...

キーワード

  • スパイク
  • フィット
  • ボールタッチ
  • スタイル
  • プレー
  • グリップ
  • サポート
  • ズレ
  • カンガルーレザー
  • ボール
  • タッチ
  • インソール
  • ホールド
  • ソール
  • アウトソール