テニス

錦織 リオで苦杯、次はエキシビ

2017年02月24日更新
錦織 リオで苦杯、次はエキシビ
男子テニスのリオ・オープン(ブラジル/リオデジャネイロ、レッドクレー、ATP500)は21日に行われたシングルス1回戦で、第1シードの錦織圭は世界ランク76位のT・ベルッチ(ブラジル)にストレートで敗れ、初戦で姿を消した。前週のアルゼンチン・オープン(アルゼンチン/ブエノスアイレス、レッドクレー、ATP250)で決勝へ進出し、A・ドルゴポロフ(ウクライナ)に敗れるも準優勝を飾った錦織は、ベルッチ戦で苦杯を喫した。第1セットの第8ゲームまでは互角に戦っていたが、サウスポーから繰り出すベルッチの強打に押されて第9ゲームでブレークを許すと、第10ゲームでは最後フォアハンドのウィナーを決められ...

キーワード

  • レッドクレー
  • ゲーム
  • ハード
  • 錦織
  • アメリカ
  • ブレーク
  • ベルッチ
  • オープン
  • グランドスラム
  • スペイン
  • インディアンウェルズ
  • セット
  • マディソン・スクエア・ガーデン
  • ブリスベン国際
  • ハードコート