スケート

羽生、初の4回転4本も2位のナゼ とっさの判断「シミュレーションもしていなかった」

2017年02月19日更新
羽生、初の4回転4本も2位のナゼ とっさの判断「シミュレーションもしていなかった」
五輪王者として大技にこだわった羽生結弦。5歳年下のチェンに敗れ闘争心に火がついた(納冨康撮影)【拡大】 【江陵(韓国)=田中充】来年の平昌五輪のテスト大会を兼ねたフィギュアスケートの四大陸選手権最終日は19日、韓国・江陵アイスアリーナで行われ、男子でショートプログラム(SP)3位の羽生結弦(ANA)はフリーで巻き返したが、合計303・71点で2位にとどまった。 全米王者の17歳、ネーサン・チェンが4回転ジャンプを5本成功させ、307・46点で初優勝を果たした。国際スケート連盟によると、5度の4回転着氷は国際大会で初の快挙。 SP2位の宇野昌磨(中京大)はフリーで順位を落...

キーワード

  • フリー
  • 国際スケート連盟
  • トーループ
  • 田中刑事
  • サルコー
  • 田中充
  • 宇野昌磨
  • 羽生結弦
  • 四大陸選手権
  • 中京大
  • チェン
  • ショートプログラム