野球

【西武】牧田、実戦モード105球…ボール次々交換

2017年02月10日更新
【西武】牧田、実戦モード105球…ボール次々交換
WBC球を使い分けながら投球練習をした牧田 WBC日本代表の西武・牧田和久投手(32)が10日、“実戦モード全開”でブルペン投球を行った。宮崎・南郷キャンプのブルペン投球中に一度マウンドを離れると、WBC球が入ったケースを持って登場。ある程度投球すると違うボールにチェンジしながら投球した。 ブルペン投球後、右腕は意図を説明。「普通、ブルペンでは同じボールで練習する」と前置きした上で「(WBC球は)どのボールも大きさや縫い目の高さが違う。試合では球が(ボールチェンジなどで)変わるので、それを想定した」と話した。 小久保監督は「困ったときの牧田」と重...

キーワード

  • ブルペン
  • ボール
  • 牧田
  • 牧田和久
  • キャンプ
  • モード
  • 西武