野球

松坂「いつまでも投げられる」2日間296球の熱投

2017年02月04日更新
松坂「いつまでも投げられる」2日間296球の熱投
ブルペンで気迫のこもった投球を見せるソフトバンク松坂(撮影・菊川光一) 2年ぶりのキャンプ連投解禁だ。ソフトバンク松坂大輔投手(36)が4日、ブルペンで135球の投げ込みを行った。打撃投手を務めた前日3日には161球を投げており、2日間で296球の熱投。右手中指にマメができたため途中で投球を断念したが、若手時代をほうふつとさせる投げっぷり。3年契約最終年。右肩手術からの完全復活に向け、背水の男の熱い思いがボールに乗った。 時間を忘れ、松坂が黙々と投げ込んだ。直球、カーブに加え、この日からシュートも投げ始めた。100球を超えても投げるテンポは落ちず、気がつくと13...

キーワード

  • ブルペン
  • キャンプ
  • 松坂
  • マメ
  • ソフトバンク
  • 296
  • 松坂大輔
  • ボール