テニス

旧二強による3時間38分の夢のバトル、フェデラーがナダル破って18回目のメジャー制覇 [全豪オープン]

2017年01月29日更新
旧二強による3時間38分の夢のバトル、フェデラーがナダル破って18回目のメジャー制覇 [全豪オープン]
オーストラリア・メルボルンで開催された「全豪オープン」(1月16〜29日/ハードコート)は最終日、男子シングルス決勝が行われ、第17シードのロジャー・フェデラー(スイス)が第9シードのラファエル・ナダル(スペイン)を6-4 3-6 6-1 3-6 6-3の激戦の末に破り、2012年のウィンブルドン以来、通算18回目のグランドスラム優勝を果たした。自身の持つグランドスラム史上男子シングルスの最多優勝記録を塗り替える勝利。35歳5ヵ月での優勝は1972年にケン・ローズウォール(オーストラリア)が37歳2ヵ月で全豪オープンを制して以来最年長となる。 ◇ ◇ ◇ 1万5000席が埋まったスタン...

キーワード

  • フェデラー
  • ナダル
  • デュース
  • ゲーム
  • グランドスラム
  • ブレーク
  • オープン
  • フォアハンド
  • シード
  • ウィナー
  • セット
  • ポイント
  • シーズン
  • シングルス
  • ミス