テニス

セレナがグランドスラム23勝目、そして世界1位へ返り咲き [全豪オープン]

2017年01月28日更新
セレナがグランドスラム23勝目、そして世界1位へ返り咲き [全豪オープン]
オーストラリア・メルボルンで開催されている 「全豪オープン」(1月16〜29日/ハードコート)の大会13日目、女子シングルス決勝で、セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が姉ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)を6-4 6-4で下し、全豪2年ぶり7回目、グランドスラム23回目の優勝を飾った。試合時間は1時間22分。 セレナはこれまでシュテフィ・グラフ(ドイツ)と並んでいたオープン化以降の最多記録を更新。史上最多にはマーガレット・スミス コート(オーストラリア)が持つ24勝があるが、その中にはオープン化以前の13勝も含まれており、オープン化以降の記録で単独1位となった。【グランドスラム シングル...

キーワード

  • オープン
  • アメリカ
  • ビーナス・ウイリアムズ
  • ウィンブルドン
  • グランドスラム
  • ロシア
  • アンジェリック・ケルバー
  • セレナ・ウイリアムズ
  • セレナ
  • マリア・シャラポワ
  • ドイツ
  • ガルビネ・ムグルッサ
  • スペイン
  • アグネツカ・ラドバンスカ
  • スベトラーナ・クズネツォワ