野球

東京五輪野球は決勝トーナメント3チームの新ルール…1次Lからメダル争い緊迫感UP

2017年01月26日更新
東京五輪野球は決勝トーナメント3チームの新ルール…1次Lからメダル争い緊迫感UP
決勝トーナメント3チームの東京五輪有力方式 アテネ五輪1次リーグの台湾戦で10回1死満塁、サヨナラの本塁を踏んで抱き合って喜ぶ三塁走者・高橋(右)と和田一 2020年東京五輪・パラリンピックで追加種目となった野球の決勝トーナメント(T)について、1次リーグの上位3チームによるトーナメント方式の採用が有力となっていることが26日、複数の大会関係者への取材で分かった。92年バルセロナ五輪から08年北京五輪までは各組上位1、2位の4チームで決勝Tが行われており、この方式が採用されれば初となる。出場チーム数はこれまでの8から6へと減少した...

キーワード

  • チーム
  • リーグ
  • トーナメント
  • いわきグリーンスタジアム
  • ソフトボール
  • バルセロナ五輪
  • プレミア
  • バルセロナ
  • クライマックスシリーズ
  • 横浜スタジアム
  • パラリンピック