テニス

錦織 フェデラー戦で見せた執念

2017年01月23日更新
錦織 フェデラー戦で見せた執念
テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は22日に行われた男子シングルス4回戦で、第5シードの錦織圭は第17シードのR・フェデラー(スイス)に7-6 (7-4), 4-6, 1-6, 6-4, 3-6のフルセットで惜しくも敗退。試合後の会見では「ちょっとの差」と口にした。これまで数々の記録を塗り替え、今大会から復帰したフェデラーを後押しする声援が多い中、錦織は第1セットの第1ゲームでブレークする最高のスタートを切った。しかし「常にプレッシャーをかけてくるのは、2セット目から感じていました。サーブも入ってくるだろうし、ミスも減ってリズムが合ってくれば危な...

キーワード

  • フェデラー
  • 錦織
  • セット
  • シード
  • オープン
  • ランク
  • ゲーム
  • ジョコビッチ
  • セカンド
  • 全豪オープン
  • ツアーファイナルズ
  • ファイナルセット
  • ブレーク
  • 錦織圭
  • セットカウント