テニス

全豪オープンに先立ち またも八百長問題、選手が告発

2017年01月10日更新
全豪オープンに先立ち またも八百長問題、選手が告発
全豪オープンが間近に迫る中、テニスの八百長事件がまたも浮上した。 メルボルン南東160kmのところにあるトララルゴンでの低いレベルの大会における八百長嫌疑について調べていた、スポーツ・インテグリティ・インテリジェンス・ユニット捜査員による取り調べに続き、ビクトリア州警察は1月5日、18歳のテニス選手を逮捕した。 警察は逮捕した男の名前や詳細を明かしてはいないが、その人物は昨年の3月2日に、賭けの結果に害を与える不正行為に関わった罪で、ラトローブ・バレー治安判事裁判所に出頭するという。 ビクトリア州警察のニール・パターソン副長官は、「八百長は世界中で急激に成長している組織的犯罪のひとつで...

キーワード

  • テニス
  • ナダル
  • スペイン
  • ツアー
  • グランドスラム
  • ウエスト
  • プレーヤー
  • レベル
  • スタッフ
  • トップレベル
  • オープン
  • ブリスベン国際
  • 国際テニス連盟
  • WTA
  • ラファエル・ナダル