格闘技

関取最軽量は石浦の114キロ、最重量は逸ノ城

2016年12月27日更新
関取最軽量は石浦の114キロ、最重量は逸ノ城
体重測定する幕内石浦(共同) 日本相撲協会は27日、力士会に合わせて十両以上の体重を測定し、関取最軽量は幕内石浦の114キロだった。 新入幕の先場所に敢闘賞を獲得した石浦は「場所前になったらもう少し増えると思う。体は動いている」と気にしなかった。同最重量は、今回量らずに秋場所前の前回データが残った幕内逸ノ城の212キロ。 3横綱は鶴竜と白鵬がともに1キロ増えて156キロ。日馬富士は増減なく137キロだった。自己最高位の西前頭2枚目となった荒鷲が140キロ、新入幕の貴景勝は169キロと、いずれも9キロ増の大幅アップ。幕内平均は2・8キロ減って161・5キロだっ...

キーワード

  • キロ
  • 石浦
  • 日本相撲協会
  • 逸ノ城
  • 鶴竜
  • 日馬富士
  • 白鵬
  • 荒鷲