サッカー

「本気のレアル」を体感した鹿島。クラブW杯決勝、福西崇史が見た本質。

2016年12月20日更新
「本気のレアル」を体感した鹿島。クラブW杯決勝、福西崇史が見た本質。
“レアルと戦える”だけでは満足せずに、本気で勝ちにいった。 クラブW杯決勝、ピッチに立った鹿島の選手たちのモチベーションは本当に高かった。その中で力みすぎず、レアル・マドリー相手でも鹿島らしい試合運びを見せつけたことに価値があります。 2-2で迎えた延長前半、クリスティアーノ・ロナウドに2点を決められた時点で、勝負が決したのは確かです。鹿島はJリーグチャンピオンシップからクラブW杯準決勝まで、過密日程の中で戦い続けてきた。“これで決まってしまった”と感じても仕方ないのかなと思います。 あれだけ踏ん張っていた中で立て続けに失点を許すと、メンタル的に大きなダメージを受けるのはしょうが...

キーワード

  • レアル
  • クラブ
  • イメージ
  • プレー
  • ライン
  • チーム
  • ピッチ
  • 鹿島
  • Jリーグチャンピオンシップ
  • 世界クラブ選手権
  • アジアチャンピオンズリーグ
  • ロナウド
  • 福西崇史
  • セルヒオ・ラモス
  • フィーゴ