ゴルフ

ウッズ契約のBSボールに求めたもの「メード・イン・ジャパン」への信頼

2016年12月18日更新
ウッズ契約のBSボールに求めたもの「メード・イン・ジャパン」への信頼
新ボール契約を締結したウッズ(ブリヂストンスポーツ提供) 男子ゴルフの元世界ランキング1位、タイガー・ウッズ(40=米国)がブリヂストンスポーツ(BS)と来年1月1日から複数年のボール使用契約を結んだ。数あるメーカーの中から同社を選んだ裏には、絶頂期を支えた「メード・イン・ジャパン」のフィーリングがあったようだ。 今月1~4日に開催されたツアー外競技の慈善大会「ヒーロー・ワールドチャレンジ」でウッズはBSの「B330S」ボールを使用。約1年3か月ぶりの復帰戦は17人中15位だったものの、4日間トータルのバーディー数「24」は出場選手で最多だった。 「最も重要なギアはボール」...

キーワード

  • ボール
  • ウッズ
  • ブリヂストンスポーツ
  • ツアー
  • メード・イン・ジャパン
  • タイガー・ウッズ
  • リビエラ
  • メーカー
  • ゴルフ
  • ナイキ
  • ゴルフクラブ
  • ヒーロー・ワールドチャレンジ