ゴルフ

冬の薄い芝でもダフらないトップしない

2016年12月15日更新
冬の薄い芝でもダフらないトップしない
冬のゴルフで困るのは、何と言っても薄い芝。特にグリーン周りの芝が枯れると、寄せの難度が一気に上がる。冬のアプローチで気をつけるポイントは3つ。桑原克典プロが、簡単に寄せるコツを教えてくれた。 (聞き手と構成 青山卓司) <1>エッジまで約6〜7ヤード、そこからピンまでは5メートルのアプローチ<2>ヘッドが大きく動く分、トップでは、アドレスよりも手首の角度が少し深くなる<3>インパクトでも、トップでの手首の角度、特に右手首の角度を維持するように意識する<4>インパクト後も体が回転して、クラブが体の前にあることがよくわかる なぜトップする 失敗には原因が...

キーワード

  • トップ
  • アプローチ
  • ボール
  • インパクト
  • シード
  • ポイント
  • グリーン
  • クラブ
  • ツアー
  • アドレス
  • ゴルフ
  • ヘッド
  • ピン
  • シーズン
  • スイング