大相撲

【7場所ぶり優勝】鶴竜 負の連鎖に終止符…「暗黒の一年」最後に笑う

2016年11月29日更新
【7場所ぶり優勝】鶴竜 負の連鎖に終止符…「暗黒の一年」最後に笑う
鶴竜は祝勝会で井筒親方と喜びを分かち合った ようやく負のスパイラルに終止符を打った。大相撲九州場所千秋楽(27日、福岡国際センター)、横綱鶴竜(31=井筒)が横綱日馬富士(32=伊勢ヶ浜)を寄り切って14勝目を挙げ、7場所ぶり3度目の優勝に花を添えた。V逸が続き、横綱としての地位が揺らぎかねない中で賜杯奪回に成功。今年は鶴竜自身や師匠の井筒親方(55=元逆鉾)に次々と不幸な出来事が発生し、部屋全体に暗い影を落としていたが、すべてを吹き飛ばす結果となった。 7場所ぶりに賜杯を抱いた鶴竜は「(過去2回の優勝と)また違った意味で本当にうれしいです。横綱としての責任を果たせなかったのが悔しか...

キーワード

  • 鶴竜
  • 白鵬
  • 日本相撲協会
  • 逆鉾
  • 嘉風
  • 春場所
  • ケガ
  • 夏場所
  • 日馬富士