スケート

「僕はまだ簡単なことをやっている」羽生結弦がNHK杯で見せた“伸びしろ”。

2016年11月28日更新
「僕はまだ簡単なことをやっている」羽生結弦がNHK杯で見せた“伸びしろ”。
笑顔があった。2日間ともに、演技を終えて引き上げてきたあと、穏やかな表情を浮かべていた。 その表情のとおり、羽生結弦は、スケートカナダから確かな前進を示し、NHK杯で優勝を果たした。 11月25日、ショートプログラムは『レッツゴー・クレイジー』。 白から淡い紫の衣装に一新した羽生は、冒頭の4回転ループこそ、挙動が乱れはしたが着氷。4回転サルコウ-3回転トウループのコンビネーションジャンプを成功させると、トリプルアクセルではGOEで満点を得る。 103.89――今シーズンの世界最高得点をマークした。スケートカナダより安定を増したジャンプもさることながら、全体の流れに“冴え”があ...

キーワード

  • ジャンプ
  • フリー
  • ショート
  • 宮原
  • シーズン
  • サルコウ
  • スケートカナダ
  • 羽生
  • ループ
  • コーチ
  • グランプリシリーズ
  • トータルパッケージ
  • カナダ
  • オーサー
  • プログラム