大相撲

鶴竜14日目でV 3横綱そろい踏み場所では初賜杯

2016年11月26日更新
鶴竜14日目でV 3横綱そろい踏み場所では初賜杯
豪栄道を上手出し投げで下し、優勝を決めた鶴竜 Photo By スポニチ 単独トップの横綱・鶴竜が大関・豪栄道を上手出し投げで退けて13勝1敗とし、3度目の優勝を果たした。1差で追っていた横綱・日馬富士が、横綱・白鵬に小手投げで敗れて2敗が消えたため、優勝が決まった。ケガを乗り越え、自らの横綱像を作り上げて抜群の安定感を発揮し、昨年秋場所以来7場所ぶりの賜杯をつかみ取った。 【14日目取組結果】 ぶれない心を手に入れた鶴竜にとっては、たとえ優勝が懸かる大一番でも「いつも通りの普通の一番」だった。取組前に1差で追う日馬富士が敗れ、自身が豪栄道に勝てば3...

キーワード

  • 鶴竜
  • 日馬富士
  • 白鵬
  • 豪栄道
  • 逆鉾
  • 新十両
  • 春場所
  • アニルラン
  • 大関昇進
  • マンガラジャラブ・アナンダ