大相撲

稀勢“覚醒”綱連破 白鵬に続き全勝鶴竜にも「自分の相撲取れた」

2016年11月23日更新
稀勢“覚醒”綱連破 白鵬に続き全勝鶴竜にも「自分の相撲取れた」
<九州場所11日目>支度部屋で自身の右手をみる稀勢の里 Photo By スポニチ 力強さが戻った大関が横綱連破で優勝戦線に踏みとどまった。稀勢の里はただ一人の全勝の横綱・鶴竜を豪快な右小手投げで撃破。2敗を死守した。1敗は鶴竜、日馬富士の両横綱、新入幕の石浦の3人で、2敗で稀勢の里、横綱・白鵬が追う展開。稀勢の里は12日目の日馬富士戦に勝って横綱3連破を果たせば、初優勝のチャンスは広がっていく。 前日の白鵬に続き、鶴竜も破った。それでも、支度部屋では笑みひとつこぼさない。取組前からの落ち着いた表情は福岡国際センターを後にするまで変わらない。淡々と報...

キーワード

  • 稀勢の里
  • 鶴竜
  • 日馬富士
  • 白鵬
  • 北勝海
  • 琴奨菊
  • 豪栄道
  • 春場所
  • チャンス
  • 初場所
  • トップ
  • 石浦
  • 夏場所
  • 最多勝