野球

侍ジャパンに漂う“違和感”の正体。プロ選手がアマ精神で戦うねじれ。

2016年11月22日更新
侍ジャパンに漂う“違和感”の正体。プロ選手がアマ精神で戦うねじれ。
侍ジャパンが、ワールド・ベースボール・クラシックに向け、動き出した。 日本でもっとも野球のうまい選手たちによるナショナルチームが結成され、世界一をめざして戦う世界大会である。 ただ、常に何か違和感がつきまとう。 まず、大会そのものが、よくわからない。 本当に野球の世界一を決める大会とは、言えない。サッカーのワールドカップとはかなり違う。そもそも“野球のナショナルチーム”を作りたいと、どれだけの国がおもっているのか、とても疑問である。国を背負って野球をやりたい選手など、世界にそんなにいないだろう。ゴルフやテニスと同じである。 ただ、大会はすでに何回か開かれており、2017年に...

キーワード

  • プロ
  • アマ
  • ナショナルチーム
  • アマチュア
  • スポーツ
  • アメリカ
  • チーム
  • ワールドカップ
  • サッカー
  • ベースボール
  • ワールド・ベースボール・クラシック
  • 東京六大学野球
  • オリンピック
  • 六大学野球
  • クラブチーム