ゴルフ

凱旋試合での世界基準と高い志。松山英樹、日本ゴルフ界への愛情。

2016年11月16日更新
凱旋試合での世界基準と高い志。松山英樹、日本ゴルフ界への愛情。
当然と言えば当然かもしれない。それでも、ありあまる期待以上の回答を出すのだから、誰もが賛辞を惜しまない。 中国でアジア勢初の世界選手権制覇を遂げた松山英樹が、2週間後に静岡・御殿場で行われた三井住友VISA太平洋マスターズで圧勝した。 初日から単独首位を独走し、後続に7打差をつける快進撃。10月の日本オープンから出場4試合で3勝、単独2位が1回。日本、マレーシア、中国、そして日本と遠征を続け、状態は万全でないながらも直近14ラウンド連続で60台をマークする実にハイレベルな安定感を誇示している。 松山は優勝会見で「日本では1日ハマれば勝てる。米ツアーでは3日、ハマらないといけない...

キーワード

  • ツアー
  • 松山
  • プレー
  • ラウンド
  • プロアマ
  • プロ
  • ゴルフ
  • 松山英樹
  • 英樹
  • コース
  • レベル
  • ゴルフダイジェスト・オンライン
  • ホール
  • ジュニア
  • スポンサー