スケート

SP自己ベスト更新の宇野昌磨。世界王者に迫る内容でファイナル決定!

2016年11月08日更新
SP自己ベスト更新の宇野昌磨。世界王者に迫る内容でファイナル決定!
11月4日からモスクワで開催されたロステレコム杯で、宇野昌磨が2位に入賞。スケートアメリカの優勝(15ポイント)とこの2位(13ポイント)で総合28ポイントを獲得し、早々と12月にフランスのマルセイユで開催されるGPファイナルへの進出を決めた。 宇野のSPはナイジェル・ヘス作曲『バイオリンと管弦楽のためのファンタジー』。映画『ラベンダーの咲く庭で』のサントラで、衣装もきれいなラベンダー色のシャツで登場した。冒頭の4フリップでは軽く右手をついたが耐え、続いた4トウループ+3トウループの最後ではフリーレッグを早目についた。だが落ち着いた表情を崩すことなく、ゆったりとしたバイオリンの音色...

キーワード

  • ファイナル
  • フリー
  • 宇野
  • トウループ
  • スケートアメリカ
  • ハビエル・フェルナンデス
  • ジャンプ
  • シーズン
  • アクセル
  • フリップ
  • フェルナンデス
  • ポイント
  • スプレッドイーグル
  • ショートダンス
  • 田中刑事