野球

108年ぶりのワールドシリーズ制覇。カブス戴冠と王朝の予感。

2016年11月05日更新
108年ぶりのワールドシリーズ制覇。カブス戴冠と王朝の予感。
カブスが勝った。2016年のワールドシリーズを制覇した。108年ぶりの戴冠だ。4戦目で1勝3敗となったときは、もはやこれまでかと思った。氷河期がまだつづくのか、とも思った。 だが、首の皮一枚を残してカブスは踏ん張った。第5戦、第6戦と連勝してタイに漕ぎ着け、最終戦で勝利をもぎ取った。 それにしても、どっちに転ぶかわからないシリーズだった。先発投手の枚数、打線の破壊力など、総合的な戦力ではカブスが上と見られていた。だが第1戦、インディアンスはエースのコーリー・クルーバーが超絶的な投球を見せた。立ち上がりの3回で、彼は8三振を奪った。シンカーが面白いように決まり、カブスの打者は、空振...

キーワード

  • カブス
  • ミラー
  • インディアンス
  • ワールドシリーズ
  • ポストシーズン
  • クルーバー
  • アンドルー・ミラー
  • 先頭打者本塁打
  • モンテーロ
  • チャップマン
  • コントレラス
  • フランコーナ
  • ラッセル
  • カラスコ
  • ブルージェイズ