野球

“活字野球”で味わう日本Sとドラフト。プチ鹿島10月のスポーツ新聞時評。

2016年11月01日更新
“活字野球”で味わう日本Sとドラフト。プチ鹿島10月のスポーツ新聞時評。
盛り上がった日本シリーズ。 スポーツ新聞で「活字野球」を味わうのも魅力のひとつだ。 それでいくと第5戦。日ハム・西川遥輝のサヨナラ満塁ホームランで決着がついたが、その直前に死球をめぐってザワっとした雰囲気になった。あの場面はどう考えたらよいのか。こんなコラムがあった。 「【大下剛史の熱血球論】岡への死球直後の広島ナインの行動」(東スポ・10月28日) 《同点の9回二死一、三塁で中崎が岡に死球。ここで岡がマウンドの中崎に向かって行きかかった。ぶつけられた選手がエキサイトするのは分かる。捕手の石原が「すまん、すまん」となだめ、岡も気を取り直して一塁へ歩きだした。ところがこの後、日本ハ...

キーワード

  • ドラフト
  • スポーツ
  • 田中
  • 田中正義
  • 日本ハム
  • 大谷翔平
  • 西武
  • 大谷
  • 中崎
  • 日刊スポーツ
  • スカウト
  • スポニチ
  • 寺島成輝
  • 今井達也
  • 黒田