野球

ドラフトは六大・東都より地方大学?上位24人中10人指名から見えるもの。

2016年10月30日更新
ドラフトは六大・東都より地方大学?上位24人中10人指名から見えるもの。
大学野球は本格的に「地方の時代」を迎えたようだ。 今年のドラフト1位では12人中、吉川尚輝(中京学院大・遊撃手)、濱口遥大(神奈川大・投手)、大山悠輔(白鴎大・三塁手)、田中正義(創価大・投手)、佐々木千隼(桜美林大・投手)の5人が、これまで大学野球を牽引してきた東京六大学・東都大学両リーグ以外の選手だった。 2位にも畠世周(近畿大・投手)、水野滉也(東海大北海道キャンパス・投手)、小野泰己(富士大・投手)、中塚駿太(白鴎大・投手)、池田隆英(創価大・投手)の5人が地方の大学勢。オリックス2位の黒木優太も東都大学リーグと言っても2部リーグの立正大在籍なので、地方の大学勢に入れたい...

キーワード

  • リーグ
  • ドラフト
  • 田中
  • 澤田
  • 佐々木
  • 楽天
  • 桜美林大
  • 福井工大福井
  • 神戸国際大附
  • 藤浪晋太郎
  • プロ志望届
  • 龍谷大平安
  • 九州産業大
  • 桐蔭横浜大
  • 折尾愛真