テニス

守屋宏紀は決勝で敗れて今季2勝目ならず、サンティラン晶はダブルス準優勝 [寧波チャレンジャー]

2016年10月23日更新
守屋宏紀は決勝で敗れて今季2勝目ならず、サンティラン晶はダブルス準優勝 [寧波チャレンジャー]
中国・浙江省寧波で開催されたATPチャレンジャーの「国際チャレンジャー 寧波」(10月17〜23日/賞金総額12.5万ドル/ハードコート)に出場していた守屋宏紀(北日本物産)は、決勝で第2シードのルー・イェンシュン(台湾)に3-6 1-6で敗れ、今季2勝目はならなかった。試合時間は1時間22分。 ルーと守屋は6月にサービトン(ATPチャレンジャー/4.25万ユーロ/グラスコート)の1回戦で初対戦しており、ルーが6-3 6-4で勝っていた。 そのほかの日本勢では、添田豪(GODAIテニスカレッジ)、サンティラン晶(日本)、吉備雄也(ノア・インドアステージ)、内山靖崇(北日本物産)、関口周...

キーワード

  • シングルス
  • サンティラン
  • 守屋宏紀
  • ステファン・コズロフ
  • アメリカ
  • ダブルス
  • オーストラリア
  • チャレンジャー
  • セルゲイ・スタコウスキー
  • 関口周一
  • 内山靖崇
  • ウクライナ
  • フランス
  • テニスカレッジ