野球

高校で160キロ/大谷165キロへの球速変遷一覧

2016年10月16日更新
高校で160キロ/大谷165キロへの球速変遷一覧
日本ハム大谷の投じた165キロを伝えるスコアボード(撮影・前岡正明) <パCSファイナルステージ:日本ハム7-4ソフトバンク>◇第5戦◇16日◇札幌ドーム 日本ハム大谷翔平投手(22)が自身が持つ日本最速記録を1キロ上回る165キロを投じた。 3番DHで先発し3点リードの9回に登板。1死走者なし。吉村への初球に日本最速を更新する165キロを計測(空振りでストライク)。一塁手中田、中堅手陽岱鋼も思わず笑みをこぼす、圧巻投球を披露し、空振り三振。2死から本多にも165キロを2球投じるなど3者凡退に抑え、日本シリーズ進出決定に貢献した。 ちなみにメジャーでは、カブ...

キーワード

  • キロ
  • 本多
  • 吉村
  • 一関学院
  • 陽岱鋼
  • ファイナルステージ
  • 中堅手
  • 大谷翔平
  • ソフトバンク
  • 日本ハム
  • カブス
  • 一塁手
  • パ・リーグ
  • ヤンキース