野球

契約解除予定の外国人を二軍で起用!?田口壮が明かした、その深遠な理由。

2016年10月13日更新
契約解除予定の外国人を二軍で起用!?田口壮が明かした、その深遠な理由。
福良淳一監督1年目、2016年のオリックスは、57勝83敗3分と26もの借金を抱えたまま最下位でシーズンを終えた。また、田口壮監督就任1年目の二軍も、40勝68敗8分でウエスタンリーグ最下位に沈んだ。 不振の要因はいくつもあるが、外国人補強の失敗がチーム成績に影響したことは否めない。7人の外国人選手のうちシーズンを通してチームに貢献したと言えるのは、先発ローテーションを守り9勝を挙げたブランドン・ディクソンだけ。今季加入したブレント・モレルやブライアン・ボグセビック、エリック・コーディエは、オープン戦では期待を持たせる活躍を見せたが、シーズンが開幕するとその期待は大きく外れた。 一...

キーワード

  • チーム
  • 田口
  • シーズン
  • ウエスタンリーグ
  • コーディエ
  • モレル
  • マット・クラーク
  • トニ・ブランコ
  • 吉田正尚
  • 福良淳一
  • ボグセビック
  • ラインナップ
  • ファーム
  • オリックス
  • 田口壮