野球

ドラフト直前、スカウトが語る悩み。腕の見せ場は4~5位の「井端や赤星」。

2016年10月13日更新
ドラフト直前、スカウトが語る悩み。腕の見せ場は4~5位の「井端や赤星」。
ドラフト本番10日前。 8日(土)から10日(月)の連休3日間、各地の球場ではスカウトたちの表情が一段と真剣味を増したように見えた。 8日には、ここに来て1位重複も見えてきた桜美林大・佐々木千隼投手が、今年7完封目をリーグの王者・東海大相手に果たしてさらに評価を上げると、10日には田中正義投手との2本柱で創価大を支える池田隆英投手が杏林大を7回コールド無失点に抑え、持ち味の速球もコンスタントに140キロ後半をマーク。共に、1位候補としての評価を上げた。 20日のドラフト会議を控えて、今週、来週は各球団とも最終の「スカウト会議」が開かれる。 この時期、公式戦が行われるのは大学野...

キーワード

  • ドラフト
  • スカウト
  • 梅津
  • ゲーム
  • チーム
  • 赤星
  • 井端
  • 渡辺直人
  • フィールディング
  • 九州共立大
  • 都市対抗野球
  • 菊池涼介タイプ
  • ポジション
  • レギュラー
  • ウチ