ゴルフ

聖地も攻略 フィッシャーが1打差の首位に「満足している」

2016年10月08日更新
聖地も攻略 フィッシャーが1打差の首位に「満足している」
2日間で通算11アンダー。好調なプレーが続くR.フィッシャー(Richard Heathcote/Getty Images)【拡大写真】 「アルフレッド・ダンヒルリンクス選手権」は、金曜の第2ラウンドを4アンダーの「68」で回ったロス・フィッシャーが1打差の首位で3日目に臨む展開となった。欧州ツアー5勝のフィッシャーは、セントアンドリュースを7バーディ、3ボギーでラウンドし、通算11アンダーとしてスウェーデンのヨアキム・ラガーグレンに1打差をつけて首位に立った。ラガーグレンの1打後方の通算9アンダーには、キングスバーンを「71」でラウンドした同国のアレックス・ノ...

キーワード

  • フィッシャー
  • アンダー
  • バーディ
  • ボギー
  • ラウンド
  • キングスバーン
  • ラガーグレン
  • ノレン
  • パット
  • バウンスバック
  • セントアンドリュース
  • パー
  • スコア
  • ホール
  • イーグル