サッカー

自分たちのサッカー後遺症の先へ。代表の理想を再び語る絶対条件。

2016年09月25日更新
自分たちのサッカー後遺症の先へ。代表の理想を再び語る絶対条件。
「自分たちのサッカー」 このフレーズを目にすると、音楽やファッションと同じように、サッカーを論じるボキャブラリーにも流行り廃りがあることがよくわかる。ほんの2、3年前まではそれこそ毎日のように耳にしていたのに、今ではファンの間でも、口にするのが憚られるような雰囲気さえある。 だが、これほどもったいないことはない。日本代表の歴史とは、自分たちのサッカーを巡る議論の歴史でもあるからだ。 「フラット3(トルシエ)」、「黄金世代&4バックか3バックか(ジーコ)」、「日本サッカーの日本化(オシム)」、「結果重視のサッカーか攻撃的なサッカーか」(岡田武史)、「自分たちのサッカー(ザッケローニ)...

キーワード

  • サッカー
  • アジア
  • チーム
  • ボール
  • ブラジル
  • パスワーク
  • ケース
  • オシム
  • トップクラス
  • ハリルホジッチ
  • ザッケローニ
  • カウンター
  • スタイル
  • アジアカップ
  • アギーレ