大相撲

豪栄道、全勝守った 早ければあすにも初優勝

2016年09月22日更新
豪栄道、全勝守った 早ければあすにも初優勝
全勝を守り支度部屋で気合の入った表情を見せる豪栄道=両国国技館で(伊東昌一郎撮影) ◇秋場所<11日目> (21日・両国国技館) 大関豪栄道(30)=境川=は大関稀勢の里(30)=田子ノ浦=に渡し込みで勝ち、11戦全勝として単独トップを守った。1敗だった日馬富士(32)=伊勢ケ浜=と遠藤(25)=追手風=がともに敗れて2敗となり、早ければ13日目(23日)にも初優勝が決まる状況になった。3敗目を喫した稀勢の里の今場所の横綱昇進は、絶望的となった。 大関在位13場所目。その間にかど番が4回。2桁勝利は今場所を含めてわずか2度しかない。土俵下で見...

キーワード

  • 豪栄道
  • 稀勢の里
  • 把瑠都
  • 初場所
  • 両国国技館
  • 日馬富士