大相撲

好調の豪栄道、高安が示す 本場所の結果を左右する巡業の過ごし方

2016年09月21日更新
好調の豪栄道、高安が示す 本場所の結果を左右する巡業の過ごし方
10日目、全勝を守り、懸賞を受け取る豪栄道 Photo By スポニチ 11日に両国国技館で初日を迎えた大相撲の秋場所が勝負の終盤戦を迎える。優勝37度を誇る横綱・白鵬が10年ぶりに全休する中で優勝争いはやや荒れ模様。大関・豪栄道が全勝でトップを走るかつてない展開で、それを横綱・日馬富士と平幕の遠藤が1敗で追う。続く2敗の稀勢の里、高安、琴勇輝までがV圏内と言えるだろう。 個人的には「夏巡業の期間をいかに過ごしたか」が今場所のキーワードの一つだと考えている。名古屋場所千秋楽1週間後の7月31日から北信越、関東、東北、北海道など計21カ所で23日間の巡業を行い...

キーワード

  • 豪栄道
  • 稀勢の里
  • 琴奨菊
  • 鶴竜
  • ファン
  • ハード
  • 遠藤
  • 白鵬
  • 貴乃花
  • 両国国技館
  • 日馬富士