サッカー

霜田NTDがリオ五輪総括を実施。オーバーエイジの選考は「A代表の監督をリスペクト」した結果

2016年09月16日更新
霜田NTDがリオ五輪総括を実施。オーバーエイジの選考は「A代表の監督をリスペクト」した結果
1勝1分け1敗の成績でグループステージ敗退に終わった8月のリオデジャネイロ・オリンピック。大会終了から約1カ月が経過した16日、日本サッカー協会の霜田正浩ナショナルチームダイレクター(NTD)がJFAハウスでメディアに向けて五輪代表チームの大会総括を実施した。 失点につながる致命的なミス、ボールを奪い返す能力の不足、試合の入り方を含めたゲームコントロールの問題など、ピッチ内における力不足が見られたが、やはり今大会におけるピッチ外のマネジメントという点で気になったのが、「オーバーエイジの人選」と「FW久保裕也(ヤングボーイズ/スイス)の招集失敗」だろう。この2点に関して霜田NTDが...

キーワード

  • オリンピック
  • クラブ
  • オーバーエイジ
  • 久保
  • チーム
  • リオデジャネイロ・オリンピック
  • 霜田
  • サッカー
  • ヤングボーイズ
  • メリット
  • メダル
  • リスク
  • 藤春
  • ソン・フンミン
  • JFAハウス