野球

【米国はこう見ている】米国で上がり続ける大谷翔平の“価値” 田中将大の契約額を「上回る可能性」

2016年09月16日更新
【米国はこう見ている】米国で上がり続ける大谷翔平の“価値” 田中将大の契約額を「上回る可能性」
164キロ記録の二刀流を米メディア特集、「メジャー契約を結んでいない選手としては世界一」 投打で圧巻の活躍を続ける日本ハム・大谷翔平投手の“価値”は、海の向こうで上がり続けているようだ。14日のオリックス戦で自身の日本最速記録を更新する164キロをマークした二刀流右腕について、米CBSスポーツ(電子版)は「ショウヘイ・オオタニが自身の記録を破り、日本史上最速のボールを投げた」と題した特集記事を掲載。その中で、大谷がメジャー挑戦に踏み切る際には、田中将大投手が2013年オフにヤンキースと結んだ7年総額1億5500万ドル(約158億円)を上回る超大型契約になる可能性が高いと報じている...

キーワード

  • メジャー
  • 大谷
  • オオタニ
  • 日本ハム
  • キロ
  • タナカ
  • 日本ハム・ファイターズ
  • ショウヘイ・オオタニ
  • 大谷翔平
  • 田中将大
  • ヤンキース
  • オフ
  • マーク
  • 奪三振
  • ポスティングシステム