テニス

セリーナ 世界1位から転落

2016年09月12日更新
セリーナ 世界1位から転落
女子テニスの9月12日付WTA世界ランキングが発表され、186週連続で女王の座を死守してきたS・ウィリアムズ(アメリカ)が11日まで行われていた全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)の女子シングルス準決勝で敗れたことにより、世界ランキング1位の座から転落し2位へ後退した。また、今大会ではS・グラフ(ドイツ)を抜く四大大会最多23勝目を狙っていたが、その偉業は次回へ持ち越しとなった。今年のグランドスラムでは全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)と全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)で準優勝。ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)では2連覇達成...

キーワード

  • ポイント
  • オープン
  • ランキング
  • セリーナ
  • 全豪オープン
  • クズネツォワ
  • WTA
  • グランドスラム
  • 全仏オープン
  • ウィンブルドン
  • ハード
  • スアレス
  • 全米オープン